トップページ > 事業概要 > 三職能委員会活動

三職能委員会活動

保健師職能委員会
(9人)
「保健師職能上の問題を審議し、会長に助言する。(定款44条)」任務のもと、
◎保健師の専門性を発揮し、効果的な保健師活動を推進するために活動基盤の強化と資質向上を図る。
◎行政、職域、医療、福祉、介護、教育等様々な分野で働く保健師の現状から課題の集約に努めつつネットワーク化を図る。
保健師の皆さまへ 看護協会入会について(PDFファイル)
交流会開催:平成30年2月3日(土)
開催要項(PDF)
県内の男性保健師と保健師職能委員との交流会:平成29年11月4日(土)
開催内容(PDF)
保健師職能委員だより(第11号をもって終了)
委員会開催 1回/月
助産師職能委員会
(9人)
【目標】
1)助産師実践能力を高めるために交流会等による周産期のマネジメントを強化する。
2)地域で納得いく育児ができるように、母子と家族の支援ができる研修体制を構築する。
3)小・中・高切れ目のない性教育を行い、命の大切さや限られた妊孕性を伝え、母性・父性を育む。
4)助産師職能委員会活動を最大限活用し、県内の助産師のネットワークを構築する。
5)他県と協働し九州・沖縄地区における母子保健活動の連携・強化により災害時に顔の見えるサポート体制作りを整備し、機能的な支援ネットワークを構築する。
委員会開催 1回/月
研修会開催5回
平成30年
◎5月12日(土)13:30~16:00
国際助産師の日(詳細はPDFファイルをご覧ください。
◎9月22日(土)13:00〜16:00
「災害机上シミュレーション~分娩中の災害Ver2!母児の命を守れますか?〜」
◎10月20日(土)13:30~16:30
「理解を深めよう!『周産期うつ』~妊娠期から子育てまでの切れ目のない支援に向けて~」
◎11月24日(土)13:30~16:30
「参加領域における倫理~看護職の自己決定を考える~」
九州沖縄地区合同研修会1回
性教育セミナー(平成30年度募集についてはこちら。
協会だよりへの掲載  3回/年
看護師職能委員会
(13人)
【目標】
1)地域包括ケア推進に向けて情報提供や交流会を開催し、病院看護師の役割を遂行できるよう支援する。
2)在宅療養支援における病院や施設・在宅看護師の連携強化のための活動を支援する。
3)看護師のクリニカルラダーの活用の促進と普及を図る。
委員会開催 1回/月
平成29年度研修会及び交流会開催予定
◎9月9日(土)10:00~12:30
「看護師長が担う役割についての研修会と交流会」
アンケート結果(PDF)
◎9月30日(土)13:00~15:00
「病院と施設および在宅で働く看護師交流会」
アンケート結果(PDF)
◎10月22日(日)9:30~12:30
「看護師のクリニカルラダー~概要・導入~」
アンケート結果(PDF)
※平成29年度教育計画を参照
【調査】
「看護師長が担うべき役割に関する意見集約」
アンケート結果(PDF)
「訪問看護ステーション及び介護施設で働く看護師の継続教育に関する調査」
アンケート結果(PDF)
「看護職と連携・協働、役割分担」及び「外来看護師の在宅療養支援の取組み」
アンケート結果(PDF)
協会だよりへの掲載 3回/年
委員会報告書(平成30年4月〜5月:PDF)
委員会報告書(平成30年3月:PDF)
委員会報告書(平成30年2月:PDF)
委員会報告書(平成30年1月:PDF)
委員会報告書(平成29年12月:PDF)
委員会報告書(平成29年11月:PDF)
委員会報告書(平成29年10月:PDF)
委員会報告書(平成29年8月〜9月:PDF)
このページのトップへ