トップページ > プラチナナース

プラチナナース

プラチナナースとは

熟練した看護技術と対人スキルを持つ、定年・および早期退職後の看護職のことです。



◎プラチナナースの声

・看護職をしていたので、看護を断ち切りたくない。

・自分の趣味の時間は確保し、空いた時間で、出来ることがあれば役に立ちたい。

・短時間であるが、働くことで毎日の張り合いができた。


Aさん:1日5時間、週3日働いています。(緩和ケア病棟)
年齢、体力を考えて週に3日、1日5時間、私の希望にあわせて業務内容の調整等の配慮をいただき、楽しく働いています。この事業を通して就業できて良かったです。


Bさん:これまでの経験を活かし奮闘しています。(施設の看護部長)
現在の職場に就職して4ヶ月が経ちました。ここを看護師人生最後の職場とするべく、毎日奮闘しています。
奮闘できるのは、これまでの研修や経験が大いに役立っています。

プラチナナースとの活用事例

自身の体力と向き合い、必要な叡智を必要とされる方へ許される時間で支えています!

Cさん:60歳で国立系の病院を退職。その1ヶ月後、病院デイケアで非常勤勤務

就業の動機
体を動かして働くことが自分の健康に繋がります。
業務内容は、担える範囲をやりたい。

業務内容
バイタルサインチェック、問診、カテーテル留置患者の観察、ケア、シーツ交換、清潔区域の環境整備等

職場からの評価
利用者に対して
・他の職員が業務に追われる中、傾聴役を担える。
・年齢が近い分、気持ちの共感ができ、信頼度が高い。
・介護予防指導に関して、利用者の状況に合わせた指導ができる。

同僚に対して
・観察と報告ができ、信頼できる。
・看護師として、リスク因子の予測を含めてアセスメントができ、介護スタッフへ指導ができる。
・他スタッフとも協調性があり、連携が取れている。

求人施設の皆さまへ 人材不足ではありませんか?

プラチナナースの活用を考えてみませんか?
なぜ、今プラチナナースが必要なのか?

・今後少子化が進行する中、新卒の看護職員の確保が困難となる可能性があります。
・現在、就業している看護職員で50代以上の割合が3割以上を占めているため今後退職者が増加します。


◎各職場での活用例

病院関係
院内での教育関係、相談・案内業務、中央材料室勤務、認知症の見守り、入院時説明、日常生活援助、看護業務、
データ管理


施設関係
看取りの看護、看護面でも指導、服薬管理、利用者の状態確認、生活指導、認知症の見守り


学校関係
臨地実習指導者、スポット講師、看護技術指導、スクールカウンセラー、コンサルテーション、模擬患者


その他
病児、病後児保育、イベント救護、まちの保健室、健診、保育所、乳児院、保健所、市町村





◎雇用施設の利点

・欠員が解消されることで職員は働きやすくなる。

・幅広い年代の看護職がいることで、職場に多様性が生まれる。

・若い看護職員の知識や技術が向上する。

・豊かな経験で即戦力になる。

研修会のご案内

◎第3回研修・施設見学

・日時:令和2年9月8日(火)10:30〜14:30
・内容:
 1.研修「介護施設における看護職の役割」
 2.交流会
 3.見学会
・対象:退職後の就労について考えている看護職、再雇用で現在就業している看護職
・場所:介護付き有料老人ホーム「かいごの花みずき」長崎市平和町17-7 TEL.095-842-8732
・参加費:無料

詳細はこちらをご覧ください(PDF)

お問い合わせ

長崎県看護協会 プラチナナース活躍推進事業担当
〒854-0072
諫早市永昌町23番6号
電話代表:0957−49-8050 FAX:0957-49-8056
E-mail:platina@nagasaki-nurse.or.jp

ナースセンター
〒854−0072
諫早市永昌町23番6号
電話代表:0957−49-8060

このページのトップへ