トップページ >健康で安全な職場を目指す情報室

健康で安全な職場を目指す情報室

看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進事業は、平成30年度をもって終了いたしますが、
看護職の健康で安全な働き方に関連した情報を随時更新していきます。

新着情報

労働環境委員会研修会の報告(令和2年11月11日開催)(PDF)
2019年「病院及び有床診療所における看護実態調査」持続可能な働き方の提案に向けて3調査結果を公表
(日本看護協会ホームページ:PDF)

「看護職の働き方改革の推進」(日本看護協会ホームページ)
「病院で働く看護職の賃金の在り方」(日本看護協会ホームページ)
「看護職のキャリアと連動した賃金モデル(冊子:PDF)」(日本看護協会ホームページ)

◎日本看護協会の「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」キャンペーン
・目 的:
「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」の基本的な考え方について、看護職をはじめ医療機関等の管理者・職員等へ広く周知し、関心を高めるとともに、行政、関係団体 との連携を通じて、看護職が生涯を通じて健康で安全に働き続けられる職場環境づくりへの取り組みを推進させる。

看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)とは

人生の各段階において多様な働き方を選択でき、仕事と生活を調和させ、専門職としてのキャリア継続・看護の質向上をはかることであり、看護職確保定着と働き続けられる労働条件・労働環境づくり支援事業として取り組んでいます。

長崎県看護協会の取り組み

長崎県看護協会では、平成23年度より日本看護協会との連携のもと看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業に取り組みました。
WLB推進委員会を立ち上げ、推進体制づくりを行い、ワークショップ、フォローアップワークショップ、アドバイザー事業(訪問・電話)を実施し、WLBを現場に普及しています。
平成28年度までに13施設が参加しています。

平成30年度看護職のWLB推進フォローアップ・ワークショップ in 長崎開催の様子

看護職のWLB推進「フォローアップ・ワークショップin長崎」を開催しました

開催日:平成31年2月2日(土)場所:ながさき看護センター 参加者:62名

今回は、実践報告とシンポジウムの2本立てとした。前半の事業取組み3年目の2施設からの実践報告は、「各施設が取り組む中で苦労や成果がわかり良かった。」「どの施設も悩みは同じだと感じ、やる気をもらいました」などの意見が聞かれた。また社会保険労務士の田川先生は「働き方改革」と題して講話をされ、実践報告への助言も頂いた。昼食時には、スライドショーでWLB推進事業を振り返った。

後半は『WLBを継続していくためには』のテーマでこれまで取り組まれた4施設の報告を受け、意見交換を行った。コーディネーターのリードで活発な意見がだされ、参加者からは「病院長からのお話しは貴重であった」「思い通りにスムーズにいかなくても頑張っていくことに意味があるのだと感じました。」などの声も聞かれWLBの取り組みを継続することの大切さを確認する場となった。




ワークショップ詳細(PDF)

看護業務量調査表

「日本看護協会看護業務基準集 2007年改訂版(日本看護協会出版会)」より抜粋し、県内のWLB先行取り組み施設の管理者の意見をふまえて、WLB推進委員会において改変しました。 必要に応じてご活用ください。


1.看護業務量調査の方法(PDFファイル)
2.看護業務区分表(PDFファイル)
3.自己判定表(PDFファイルExcelファイル)、他者判定表(PDFファイルExcelファイル

日本看護協会「看護職のワーク・ライフ・バランス」

ホームページ:https://www.nurse.or.jp/wlb/
このページのトップへ