長崎県看護協会


MENU

長崎県看護協会

協会の活動内容 協会の活動内容

事業内容

事業内容

令和3年度重点目標・重点事業 令和3年度重点目標・重点事業

長崎県の高齢化の進行は全国より早く、県民が住み慣れた地域で人生の最期まで安心して暮らしていくために、医療と介護が切れ目なく支える体制に重点をおいた医療改革が進められている。この中で、看護職などの医療人材、訪問看護・介護などの人材不足や地域の偏在化は深刻であるという状況は現在も続いている。さらに、新型コロナウイルス感染症拡大により、医療提供体制並びに看護職の業務に多大なる影響をもたらしている。
その一方で、看護職への期待が高まっている。長崎県看護協会は、健康で安全に働き続けられる職場づくり、看護の質向上を推進し県民の健康な生活の実現を発揮していくために3つの重点目標を掲げ事業を展開する。

重点目標
1. 地域包括ケアシステムの充実に向けた看護の役割推進 2. 健康で安全に働き続けられる職場づくりの推進 3. 質の高い看護実践を支える生涯学習の推進

重点目標及び重点事業

重点目標1.地域包括ケアシステムの充実に向けた看護の役割推進
地域包括ケアシステムの充実に向けて在宅・施設等の看護人材の確保及び質の向上、訪問看護ステーションの健全な運営に向けた支援とともに、看護職連携による在宅医療の推進に取り組む。さらに、非常時における健康危機管理体制の強化を図る。

重点事業1-1 訪問看護の推進
(1) 訪問看護分野における次世代人材確保と育成 (2) 訪問看護師(新卒・新人・管理者)の教育体制整備
重点事業1-2 県民の健康維持増進に向けた看護職連携構築の推進
(1) 医療的ケア児の在宅移行推進 (2) 各支部における看護職連携構築地域ネットワーク会議の開催 (3) 介護施設における看護師等の人材育成
重点事業1-3 非常時における健康危機管理体制の構築
(1) 非常時における会員施設の情報収集の確立 (2) 新型コロナウイルス感染症に対応する看護職の負担軽減

重点目標2.健康で安全に働き続けられる職場づくりの推進
「働き方改革の推進」により、新人からプラチナナースまで健康で安全に働き続けられるための職場づくりを広めるとともに、人材確保のための潜在看護師の再就職促進、次世代の看護職員の確保に向けた事業に取り組む。

重点事業2-1 看護職の就業支援事業(ナースセンター)の強化
(1) ナースセンターの離職時等の届出制度の定着 (2) 看護への道フェアの定着 (3) プラチナナース再就業支援
重点事業2-2 看護職の働き方改革の推進事業
(1) プラチナ世代(定年前・定年後継続雇用)看護職の勤務継続支援 (2) 日本看護協会の働き方改革モデルの普及

重点目標3.質の高い看護実践を支える生涯学習の推進
専門職として県民のニーズの多様化や医療の高度化、複雑化に対応する能力とともに、地域包括ケアシステムの充実に向けた役割発揮のための質の高い看護実践を支える生涯学習を推進する。

重点事業3-1 継続教育の充実
(1) 看護実践能力の向上とキャリア形成のための研修プログラムの提供
重点事業3-2 特定行為研修修了者の増加に向けた活動支援
(1) 特定行為研修修了者の実践活動の情報収集と実践の周知 (2) B課程認定看護師教育の受講推進 (3) 県内特定行為研修指定研修機関の情報提供と受講推進
重点事業3-3 看護基礎教育制度の改革の推進
(1) 看護職の基礎教育に関する課題検討 (2) 看護師基礎教育の4年制化に向けた課題把握

令和3年度重点目標・重点事業

令和3年度重点目標・重点事業

令和3年度重点目標・重点事業

令和3年度事業計画

令和3年度事業計画

令和3年度事業計画

令和3年度支部事業計画

令和3年度支部事業計画

令和3年度 支部事業計画

令和3年度委員会活動計画

令和3年度委員会活動計画

令和3年度 委員会活動計画