長崎県看護協会


MENU

長崎県看護協会

病児・病後児保育サポートセンター 病児・病後児保育サポートセンター

利用案内

利用案内

利用方法 利用方法

◎利用できる人
1. 雲仙市に住所があること 2. 乳児・幼児または小学校に就学している児童であること 3. 病気またはその回復期にあること 4. 入院治療の必要がないこ 5. 保護者の勤務の都合、傷病、事故、出産、冠婚葬祭等の理由で、保護者の保育を受けることが困難であること


◎利用日
月~土(日・祝祭日、12/29~1/3を除く)


◎利用料金
1回:1,000円(令和元年10月1日より)
生活保護受給世帯または市民税非課税世帯に属する場合は、利用料金は無料です。


◎利用手順
1. 利用したい日の前日までにかかりつけ医を受診し、入院が必要ない旨を連絡票に記入してもらってください。

連絡票ダウンロード

2. 病児・病後児保育サポートセンターへ電話連絡します。
TEL.0957-25-0807 受付時間/9:00~19:00(土日・祝祭日受付可)
3. サポーターとのマッチングを行います。サポーターを指名することはできませんので、ご了承ください。
サポーターが決定しましたら、直接電話でやりとりを行います。サポーターが保護者へ「非通知」で電話をかけますので、訪問時間や自宅までの地図、駐車場、お子さんの様子や好きなもの、癖、内服薬など確認を行ってください。
4. 利用申込書の記入をお願いします。
利用申込書ダウンロード

5. 当日朝の熱を測り、保育日誌へ記入をお願いします。できない時には引き継ぎ時にサポーターが記入いたします。 6. 当日朝サポーター到着後、連絡票と利用申込書、保育日誌を渡し、引き継ぎを行います。
保育開始します。
援助活動中に事故や状態悪化によりかかりつけ医等を受診する場合は、保護者へ連絡し了承を得たうえで、タクシーにて受診します。緊急を要する場合や連絡がつかない時は、サポーターまたはサポートセンターの判断で受診します。
7. ご家族の帰宅後、サポーターから保育日誌を受け取り、引き継ぎを受けてください。 利用料金を支払い、保育終了です。

準備するもの 準備するもの

◎書類関係
利用申込書 連絡票 お薬手帳・内服薬、坐薬 母子手帳 保育日誌 生活保護受給世帯、市民税非課税世帯を証明する書類(対象者のみ)


◎お子さんの身の回り品
着替え3組以上(肌着、季節に合わせた上下服、靴下 パジャマでも可) エプロン2~3枚 紙おむつ4枚以上、パンツ、汚物用ビニール袋 手拭タオル3枚、ティッシュ、トイレットペーパー お昼寝用の布団や毛布、抱っこひも 昼食用のお弁当、おやつ、ミルク
昼食の弁当を温めることができます。調理は行っておりませんのでご了承ください。
ミルクを哺乳しているお子さんは次の物を準備してください。
※哺乳瓶、乳首、粉ミルク、お湯、白湯、消毒用のミルトン
水分補給のための飲み物
療養中は脱水予防のため、いつもより注意して水分を多く取るように心がけています。野菜ジュースや牛乳なども可能ですが、ポカリスエットや麦茶などの準備をお願いします。
体温計、アイスノン、おもちゃ

1日の流れ 1日の流れ
1日の流れ 1日の流れ
保育日誌の利用 保育日誌の利用

保育日誌はお子さんの様子を知るためのファミリー会員とサポーターとの交換日記のようなものです。また交流会で利用した資料などをご自由にはさんでいただき、活用してください。 お子さんの名前やアレルギーの有無、緊急連絡先をご記入ください。

お問い合わせ お問い合わせ

長崎県看護協会
病児・病後児保育サポートセンター

〒854-0072
諫早市永昌町23-6 ながさき看護センター内
TEL.0957-25-0807
E-mail.byouji@nagasaki-nurse.or.jp